てんむ

記事一覧(108)

平成30年予備試験論文 憲法 感想 

 3週間ほど経ってしまったため大分忘れてしまったのですが、できる限り感想等をメモしていこうと思います。ちなみに予備校の解答速報などはほとんどみていません。
※記事の下の方に問題文を掲載しています。 まずは憲法の全体的な感想について。

僕は各科目、行政法⇒憲法 刑事訴訟法⇒刑法 商法⇒民事訴訟法⇒民法で解くようにしているので、本番の憲法については55分程度で書かなければならないという状況でした。そのうえ、Xが憲法上の主張を憲法19条、21条それぞれを根拠にするとの問題文の記載から、原告の主張で手一杯になり、被告の反論及び私見の分量・内容ともに不足してしまいました。

①答案としては、初めに法律上の争訟性について0.5頁程度で触れたと思います。
国会議員については憲法で明文上議院自律権(議員への懲罰権?)が定められていることと市議会議員の場合を対比し、市議会議員の場合は職業選択の自由などの観点から法律上の争訟にあたるというようなことを書いた気がします。
②次に、19条の思想良心の自由、21条の政治活動の自由についてそれぞれ保障の根拠⇒保護⇒制約⇒違憲審査基準の定立⇒あてはめをしました。
もっとも思想良心の自由は絶対保障であるとして審査基準は定立していません(そもそも時間もありませんでした)。後者は厳格な基準です。 分量が多く、ほとんど問題文を書き写しながら形式的に書いていくだけでも大変だったのですが、正直これで点が入ってくるのかわかりません。

以上の法律上の争訟+原告主張で2頁ほどでした。

③反論・私見としては、
陳謝文の朗読は制約にあたらない⇒私見=謝罪広告事件を参考に反論に同旨 
議員としての活動の自由にも限界があり、やむをえない処分である
⇒私見=確かに侮辱的発言は保障の程度は低いが除名は過度の制約

結論 処分1は合憲 処分2は違憲 反論・私見あわせて1頁とちょっとだったと思います。明らかにバランスが悪かったと思います。3者間の形式的な作法は守れるようにしましたが、内容的には事実もあまり拾うことができず、不足していたと思います。 よって、憲法の評価は低いと思います。 予想は…F~Eでしょうか。 <平成30年予備試験論文式試験 憲法>A市教育委員会(以下「市教委」という。)は,同市立中学校で使用する社会科教科書の採択について,B社が発行する教科書を採択することを決定した。A市議会議員のXは,A市議会の文教委員会の委員を務めていたところ,市教委がB社の教科書を採択する過程で,ある市議会議員が関与していた疑いがあるとの情報を,旧知の新聞記者Cから入手した。そこで,Xは,市教委に対して資料の提出や説明を求め,関係者と面談するなどして,独自の調査を行った。
Xの調査とCの取材活動により,教科書採択の過程で,A市議会議員のDが,B社の発行する教科書が採択されるよう,市教委の委員に対して強く圧力を掛けていた疑いが強まった。Cの所属する新聞社は,このDに関する疑いを報道し,他方で,Xは,A市議会で本格的にこの疑いを追及すべきであると考え,A市議会の文教委員会において,「Dは,市教委の教科書採択に関し,特定の教科書を採択させるため,市教委の委員に不当に圧力を掛けた。」との発言(以下「本件発言」という。)をした。 これに対し,Dは,自身が教科書採択の過程で市教委の委員に圧力を掛けた事実はなく,Xの本件発言は,Dを侮辱するものであるとして,A市議会に対し,Xの処分を求めた(地方自治法第133条参照)。 その後,Dが教科書採択の過程で市教委の委員に圧力を掛けたという疑いが誤りであったことが判明し,Cの所属する新聞社は訂正報道を行った。A市議会においても,所定の手続を経た上で,本会議において,Xに対し,「私は,Dについて,事実に反する発言を行い,もってDを侮辱しました。ここに深く陳謝いたします。」との内容の陳謝文を公開の議場において朗読させる陳謝の懲罰(地方自治法第135条第1項第2号参照)を科すことを決定し,議長がその懲罰の宣告をした(この陳謝の懲罰を以下「処分1」という。)。
しかし,Xが陳謝文の朗読を拒否したため,D及びDが所属する会派のA市議会議員らは,Xが処分1に従わないことは議会に対する重大な侮辱であるとの理由で,A市議会に対し,懲罰の動議を提出した。A市議会は,所定の手続を経た上で,本会議において,Xに対し,除名の懲罰(地方自治法第135条第1項第4号参照)を科すことを決定し,議長がその懲罰の宣告をした(この除名の懲罰を以下「処分2」という。)。 Xは,Dに関する疑いは誤りであったものの,本件発言は,文教委員会の委員の活動として,当時一定の調査による相応の根拠に基づいて行った正当なものであるから,①自己の意に反して陳謝文を公開の議場で朗読させる処分1は,憲法第19条で保障されるべき思想・良心の自由を侵害するものであること,②議会における本件発言を理由に処分1を科し,それに従わないことを理由に処分2の懲罰を科すことは,憲法第21条で保障されるべき議員としての活動の自由を侵害するものであることを理由として,処分2の取消しを求める訴えを提起しようとしている。 〔設問〕
Xの提起しようとしている訴えの法律上の争訟性について言及した上で,Xの憲法上の主張とこれに対して想定される反論との対立点を明確にしつつ,あなた自身の見解を述べなさい。

予備試験論文受けてきました

1週間以上前のことで今更感がありますが...予備試験直後から期末試験期間がはじまったのでなかなか気が休まらない中の更新です。まずは全体的な感想から(各科目の感想はあとで改めて記事にする予定です)全体的な出来としては、できたのかできなかったのか正直よくわからないといったところです(ちなみに、まだ解答速報の類はみていません)。模試や答練を解いている時と比べてかなり雑な答案になってしまったように思います。本番の魔力というものでしょうか。おそらく、公法系や刑法で書くべき分量が多かったのに加え、本番を意識してなのか、初めは丁寧に書き進めようとした結果、時間がぎりぎりになってしまうということが多々ありました。時間配分の対策が不十分だったのもあると思いますが、コンパクトに論証していかなければ処理しきれないのではないかと感じました。相対評価でどのように評価されるのかは見当がつかないのですが、希望的観測を含め主観的な感触は以下のとおりになります(成績開示後に見比べる用)憲法   E~D行政法  C~B民法   D~C商法   B~A民事訴訟法 C刑法   D~C刑事訴訟法 B実務基礎 B~A一般教養  D今後の予定としては、①論文合格⇒口述試験⇒司法試験、②論文不合格⇒ロー入試・翌年の予備試験のいずれにも対応できるように、民法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法(実務基礎科目)の新司法試験の過去問を解いていきたいと思います。また、一応、選択科目の勉強を始めようと考えています(どちらにせよAセメの科目としても履修するから…ということでもあります)あとは法律以外には簿記や英語もやっておきたいですね。とはいっても、↑に書いたものをやろうとするだけで夏休みが終わってしまいそうですが…そういうわけで、また期末試験の勉強に戻りたいと思います。時間があれば今年の予備試験論文の感想をかきたいと思います。ではでは

4月より短答対策本格化

最近は短答の勉強をしていました。今日から4月ということで、予定通り短答対策に本腰を入れたいと思います。とはいえ、最近も短答対策しかしていませんでした。答練が終わった途端、論文を書く気力が下がってしまったこと、やはりどうしてもこの時期は短答式試験が近づいてきたことを意識せざるを得なくなったことが原因だと思うのですが、そのせいで、3月中にやる予定だった予備試験過去問は、刑法6問、民訴2問残ってしまいました…。この分は少なくとも短答後の5月中には終わらせたいと思います。また、短答ばかりやっていると、やはり論文対策の勉強と比較して集中力が持続しにくいので、なんだかんだ時々論文もやろうと思います。短答知識とのリンクもある点、学習がほとんど進んでいない点を踏まえて、短答式試験までの間にも、民事実務基礎や刑事実務基礎は論文を書いていこうと思います。もちろん、短答落ちというリスクが上がってしまうかもしれないので、その点は心配がないわけではないですが、結局実務基礎が論文の肝となるのではないかと考えているので、出来る限り実務基礎も進めたいですね。そして、肝心の短答対策は、あしべつアプリを軸に、出てきたものを判例六法にメモしていくことをひたすらやっていきます。その後、書き込みされた判例六法を素読します。また、予備校の入門テキストも、基礎を網羅的にインプットする機会としてこの時期を利用したいので、論文対策も兼ねて、一周は読んでおきたいと思います。あとは、予備校の模試を受けます。(成績も公開するかもしれません笑)以上、簡単に今後の勉強予定を書いてみたのですが、かなりの勉強時間を確保しなければ達成できなさそうですね。ということで、これまで以上に勉強量を増やしていこうとおもいます。また、このブログの方も忘れずにあしべつアプリの成果でも記録していけたらと思います。ではでは

ひとまず答練終了→短答対策へ

今日、今期会場で受ける分の答練が終了しました。答練を受けたことによってかなり成長した気がします。といっても、まだ、刑法1回分と実務基礎が残っていますが…。現在の状況としては、結局刑事訴訟法については、予備試験過去問が1年残っています。今回はライブ本を使って新司法試験の過去問を5年分、答案構成→出題趣旨→解説→答案例、を見るという形で勉強しました(ちなみに残り5年分は短答後ということになりそうです)。おかげで予備試験型の答練の問題が簡単に見えるくらいになった気がします笑といっても、まだまだ伝聞など、課題は山積みですが…残りは短答後ですね。民事訴訟法についても答案が4通かえってきましたが、大体20点から30点、平均すると25点弱といった感じです。特に良いわけでもないですが、悪いわけでもなさそうなので、比較的順調な気はします。前期は点数が不安定で、10点台、ひどい時は1桁台も3回ほどあった一方、今期は問題が難しくなっている(らしい?)割には、民法以外の科目は平均して20点台後半にとどいている(はず?な)ので、あともう一歩伸ばしていきたいですね。短答対策の一環として、条文知識や判例知識を固めて、論文にも活かせるようにしたいと思います。さて、これからは短答対策にシフトしていこうと考えています。あしべつアプリを先日購入し、徐々に始めている科目(刑法、刑訴、民訴から始めています)もあります。目標として、まずは早いうちに全科目1周したいですね。遅くとも4月の中旬あたりまでには1周して、出来るものと出来ないものの仕分けをしていきたいです。理想としては、判例六法を使いつつ、出てきた条文や判例をマークしておきたいですね。さらに、予備校テキストで基礎的なことを一通りは復習したいと思います。論文対策にもなると思うので。また、論文対策としても一部やり残した部分は、短答に集中する4月に入るまで、すなわち今月までにやっておきたいですね。具体的には予備試験論文過去問民事訴訟法 2年分刑事訴訟法 1年分刑法    6年分答練刑法 2問(期末試験と被っていた分)民法 後期4問(特に出来が悪かったので復習です)を終えたいですね。3月中に達成できれば、答練と過去問演習で、合わせて100問弱、時間を計って解いたことになります。出来れば、短答後は、直前答練+模試以外は手書きする必要がないようにしたいですね(おそらく、新しい問題は直前答練+模試だけで手一杯になると思います。新司法試験過去問も、科目によっては答案構成等したいですし)